Interview

社員インタビュー

ロボット活用で業務効率化に貢献する。

2019年入社
小林 諒輔

(株)大西 情報システム部 / RPAソリューション

仕事内容

RPAソリューション課で、主に業務効率化に関するロボットを開発しています。現在は、社内におけるロボット開発のみならず、外販業務において、お取引先様へロボットを開発・提供しています。
ロボット開発において必要なのは、既存の業務整理、効率化を進め、単純な繰り返し作業をロボットに置き換える、という工程です。
その中でも、1から対象業務を見直し、ロボット化する部分と既存の業務を見直していただく部分をご提案させていただいています。
また、社内外におけるRPAの教育メニュー等も作成しています。

仕事のやりがい

社内ではRPA化はかなり進んでいる方ですが、やはり社外のお客様はRPAツールを新規導入される方なので、RPAで何ができるのか、いったいどういうものなのか、というのが現状です。そういった中でロボットを開発、提供した際に「こんなことができるのか!」「今までの仕事がすごく楽になった!」と言っていただけるのがやりがいです。
また、開発に関しても実際の業務を全く知らない0スタートの段階から対象業務を紐解き、ロボットを完成させた時の達成感は大きいです。

入社してから成長したこと

入社時は、「言葉で伝える」ということがそこまで得意ではないと感じていましたが、配属されてから、お客様に提案・説明をする機会が多くなりました。その点で、「しゃべる力」は大いに身についたと思います。
そして何より、RPAに携わって、「客観的に業務を分析し、より効率的な方法がないか模索する」力や習慣が身につきました。

就活生へのメッセージ

「就職活動」と一言に言っても何をしたらいいのか、何をしたら正解なのかがわからない人もたくさんいると思います。当然時代も社会の考え方、情勢も変わっていく中でこれが正解、これをしたら必ず採用されるというようなものは個人的には存在しないと思います。
ただ一つ言えるのは、「個性(自分らしさ)」「熱意」があれば誰かが必ず受け入れてくれる、ということです。会社によっては「没個性的な方がいい」という考えの会社もあると思いますが、大西は個性をしっかりと受け止めてくれる会社です。
ただ、大切なのはその個性をどう活かすことができるか、この会社に入って何ができるか・何がしたいのかを熱意をもって伝えることです。
皆さんも自分にしかない何かをたくさんアピールして、熱意をもって就職活動にチャレンジしてみてください。