Interview

社員インタビュー

モノの流れを”最初から最後まで”
知ることができる。

2014年入社
阿部 里彩子

株式会社大西 東南アジア市場開拓室 / MD

わたしの仕事

「海外でモノを売る市場をつくる」という目的で立ち上がった新規事業のメンバーとして、東南アジア・マレーシアにひとつ目の照準を定め、総合アパレルの直営小売店1号店を開店する準備を整えています。土台がなく何もかもゼロから作り上げていく為、課内メンバーはもちろんの事、カンパニー・部署・課の垣根を越えて大西グループの力を総動員し人事・財務・建物・商品等の多岐にわたる機能、言わば会社をひとつマレーシアにつくることが現在の仕事です。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

今まで積み上げてきた知識経験をフルに活用し、自分の意見を主張できていること。バイヤー経験を商品構成の考案、調達に活かし、SV経験から店舗運営方法を考え、マーケティング部の経験から商品知識と販売実績の分析能力を使って業務しています。今までの経験がなければここまで仕事中に主張できる自信はなかったと思います。また、他カンパニー・他部署の方へ業務の依頼や協力を求めなければならないときに、部署特有の事情や専門的なお話になっても背景が分かり話についていけるので助かっています。他部署の方々から窓口にご指名頂けることが仕事ぶりを認めていただいているようで大変うれしく感じています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

やりたいことがありました。そのやりたいことと同じような仕事は、世の中に溢れていましたが、部分的に業務委託、アウトソーシングが一般的で大手になると業務まるごと別会社として運営しているなど、最初から最後まで携わることができる可能性が低く、就活生で業務の大枠しか知らない身としては物足りなく感じました。大西では商品を仕入れあるいは作り、WEBやカタログによる販促ツールを運営し、販売までモノの流れの最初から最後まで自社内で運営していたためどこに携わることになってもやりたいことの一部として業務に携われると思いました。

就活生へのメッセージ

就職活動中、学生と社会人の違いとして、「好きな物事や気の合う人とだけで仕事はできない」と耳が痛くなるほど言われましたが、好きって何でしょう?“自分”がやりたいことに最大限のパフォーマンスが発揮できるのは当然じゃないですか?何の為にするのかが自分事として腑に落ちてさえいれば、結果を出すために私はこうしたいとその仕事は私がやりたいことになります。
就職活動中は気持ちが焦ることが多くあるとは思いますが、自分を知ることに重きを置くことが結果面接で最もアピールできるきっかけになると思います。自分がやりたいことができる仕事が見つかりますように!

新卒のエントリーはこちらから

  • リクナビ2021